厄払いを兼ねた同窓会へ出席してみた

数年前、厄年のお払いも兼ねた同窓会へ行きました。

同級生と再会するのは成人式以来という事もあり、少しでも若くきれいでいたいなぁとおもいつつ参加しました。

当時私は妊娠初期で体調は万全ではありませんでしたが、動き回らなければ大丈夫との医師の許可を経て出席。

一人ひとり現在何をしているか、という発表みたいなものはなかったけれど

今充実しているのかそうでないのか?というのは表情に出ていたかなぁと思います。

当時不登校だった子が大手の会社の人と結婚し専業主婦という話をちらりと聞くと、やはり着ているものや表情にすごく出ていました。

当時からかわいくてモテモテだった子は、意外と独身。

出席者名簿が、旧姓が書かれているかどうかも女子は「あの子結婚したんだー」「まだ独身なのね」なんて言葉もちらほら。

32歳となると、結婚しているかどうかも「格差」の基準になっていて「どんな旦那さんか」「子供は何人」とかもひそかにチェックしていたりするんですよね。

私の場合は妊娠初期だと知った友達が気を使ってくれて、やはりそういう子はどんなに年をとっても、お金持ちとかそういう以上の素敵なものを持っているなぁと感じました。

関連参考サイト https://同窓会服装男性クラス会でモテる.com/